主な機能

不在時も大切な情報を確認できる

ボイスメール機能

MAHO-PBXでは、PBX自体がボイスメール(留守番電話)機能をサポートしているため、電話機を問わずボイスメール機能を利用できます。
MAHO-PBXのボイスメールは標準的な留守番電話と同様に、電話機から再生、消去などの操作を行えるほか、Webブラウザからも同じ操作ができます。

また、メッセージが録音されたことを電話機の利用者にメールで通知することができます。これにより外出先でも携帯メールにてメッセージの録音について知ることができます。さらにメールには録音されたメッセージを音声データ(WAVEファイル)として添付することができるので、パソコンでメールを受信してすぐに内容を確認することもできます。

ボイスメール機能

迷惑電話をシャットアウト

迷惑電話をシャットアウト

ブラックリスト機能

勧誘やセールスなどの迷惑電話の発信者番号をMAHO-PBXのブラックリストに登録することで、その番号からの着信を制限できます。
呼出しを行わずに着信を拒否したり、強制的にボイスメールによる録音を実行するなど、対処方法を任意に設定することができます。また、番号非通知の着信に対しても同様の事を実行できます。設定は短縮ダイヤルと同様にWebブラウザから行うことができ、簡単に利用することができます。

※ブラックリスト機能の利用には、ナンバーディスプレイなどの、電話に出る前に発信者番号を通知するサービスの契約が必要となります。

スマートフォンを内線化

どこでも自席

スマートフォンやタブレット型端末の普及を背景に、私有のスマートフォンなどの情報端末を業務利用することが増加しています。それに伴い私物には会社の顧客情報を登録できない、またはしたくないというケースも多くなっているのではないでしょうか。

MAHO-PBXは、スマートフォンにも対応しています。スマートフォンからMAHO-PBXに接続すれば、MAHO-PBXに登録されているアドレス帳から発信することができるので、スマートフォンなどモバイル端末側に顧客情報を登録する必要がありません。

またボイスメール、通信履歴の確認、Click to Callなども簡単に行えます。さらにソフトフォンを利用してスマートフォンを内線化すると、どこにいても内線通話が可能となります。MAHO-SPAを導入することで、外出先でもオフィスの自席と同様に電話する事ができます。

どこでも自席

いつでもどこからでも会議

いつでもどこからでも会議

電話会議

MAHO-PBXは、複数の電話間での同時通話による電話会議を開催する機能を備えています。
あらかじめMAHO-PBXに設定済みの電話会議番号に発信すると、電話会議に参加することができます。

接続されている内線電話はち ろん、拠点間接続先の内線電話も電話会議への参加が可能です。
また外線からの通話も、電話会議番号へ転送することで電話会議に参加することができます。

ネットワーク環境を選ばず、オフィスとオフィスをつなぐ

ネットワーク環境を選ばず、オフィスとオフィスをつなぐ

すべてのオフィスを内線化

各オフィスに設置したMAHO-PBXを、インターネット経由で接続することで、各拠点間を接続し、オフィスの内線を接続することができます。
IAXプロトコルを用いているためネットワーク環境・条件を選ばずに設置できます。MAHO-PBXがNAT配下に置かれても接続が可能です。

内線通話は本社~支社間だけでなく、支社~支社間の通話も行えます。また、専用の機器を設置することで、既存のビジネスホンとの相互接続が可能な場合もあります。



多彩な機能と柔軟な外線収容

MAHO-PBXは、管理者不在の小規模オフィスでの使用を想定した、小型・低価格のAsteriskベースのIP-PBX装置です。
短縮ダイヤルやコールパーキングなどのビジネスホンの基本的な機能のほか、ブラックリストによる着信拒否やボイスメール、電話会議などIP-PBXならではの充実した機能も提供します。

多様な外線の形態に柔軟に対応しており、『ひかり電話(ルータ接続)』と『ひかり電話オフィスタイプ(フレッツネクスト)』への接続動作は確認済みで、オフィスリンク(※1)等のFMCサービスにも対応しております。

SIPやIAX接続による他のIP電話サービスとの相互接続や、ゲートウェイ装置を介してアナログ・ISDN回線と相互接続が可能です。

※1:オフィスリンクはNTTドコモの商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら
050-5810-3003 営業時間:09:00~18:00(土・日・祝日を除く)